ホーム
>
ノウハウ
>
採用ブログ
>
青春インタビュー
>
組織コンサルは、明日また行きたい会社を増やす仕事。#私の青春

リード文が入ります
・CMSのスタイリングが可能なリッチテキストでは、リッチテキスト内で設定を分けることができません。そのため、タイトル直下のテキスト文と、小見出し直下のテキスト文のフォント設定が異なる場合には、テキストとリード文とに分けることで表示分けが可能となります。
タイトルと小見出しの間にあるテキスト文をリード文としてCMS上で登録してください。
・フォント設定が同一で良い場合には、すでにあるCMS上のリッチテキスト文はそのまま表示できますので、各記事の編集は不要です。

組織コンサルは、明日また行きたい会社を増やす仕事。#私の青春

青春する大人が増えれば、社会はもっと素敵になる。そんなHeaR株式会社のパーパスに共感してくれた方をお招きしておとなになって感じる「青春」について伺う、シリーズ、"私の青春”。

今回は、株式会社新経営サービスのコンサルタント、南野さんにお話を伺いました。

南野 真彦さん 

株式会社 新経営サービス 人材開発部 シニアコンサルタント

リクルートグループにて求人広告の営業に従事。その後、組織人事コンサルティング企業のマングローブにおいて、クライアントの人材採用や新人・若手社員の育成等に尽力。株式会社新経営サービス入社後は、企業理念を軸とした人事評価・賃金制度の構築や運用及び、経営陣や管理職向けの研修、組織の関係性強化等のコンサルティングを行っている。

ミッションは、「明日また行きたい」会社を増やし続ける。

https://twitter.com/fOFIIFwUrvuAnkN


採用から育成へ。経験から学んだ「入社のその後」への興味


田島:

南野さん、本日はよろしくおねがいします! Twitterでは「なんちゃん」というお名前なので、なんちゃんさんって呼んでいいですか?


南野さん:

ちゃん、と、さん、が一緒に付いてるのは、違和感があるので「なんちゃん」でお願いします!


田島:

!……な、なんちゃん!


南野さん:

はい! よろしくおねがいします!


田島:

早速ですが、なんちゃんさ……。なんちゃんのお仕事について教えて下さい。


南野さん:

株式会社新経営サービスで、人事制度の構築・運用支援や教育研修等をさせていただいています。

会社としては、組織や人事の支援をしているコンサルティング会社です。人事制度の構築・運用支援が7割ぐらいですが、その他に「経営者大学」という講座を35年以上開講しています。

こちらは、会社経営に課題のある経営者ご本人様や、経営幹部、後継者等の方々に、経営について学び、実践していただく講座となっています。


田島:

私と同じ人材業界の方なんですね。もともとこの業界にはご関心があったんですか?


南野さん:

そうですね。前々職がリクルート系で求人媒体の営業をしていたので、人の採用って凄く大切だな、と実感していたんです。どんな人材が会社に入るかによって、組織の雰囲気がガラッと変わることもありますしね。


田島:

うんうん、本当にそうですよね。どんな人を採用するかで、会社は大きく変化します。


南野さん:

さらに、入ったあと、入社してからどういう風にその人が成長するんだろう、定着していくんだろう……と考え出して、一つ前の会社では組織人事のコンサルタントになりました。採用支援と育成支援を両輪でやっていたんです。今の会社でも、引き続きそれらをやりつつ、理念の構築浸透や人事制度等にも幅を拡げていっています。


田島:

確かにそうですよね。入社して終わり、ではなく、その人の人生は続いていくわけですから。


南野さん:

求人媒体の営業をしているとき出会った東京駅のレストランの支配人が凄く私を可愛がってくれて、「毎週うちに顔出せよ!」と声をかけてくれたんです。その時に、「時給はどうしたらええかな」とか、「社内の昇格とか考えてんねんけど」とか、いろいろ相談してくれたんです。当時は全然分からなかったんですけどね(笑)でも、その話を聞くうちに、入社の後って大事だな、と思うようになって、それをきっかけに採用から育成の方へ行くようになりました。


田島:

素敵な出会いですね……!


南野さん:

私もその支配人に相談したり、励ましてもらったりしてました。私は関西出身なのですが、就職で東京に行って一人だったので、もう私にとっては「東京での父」です。

 

青春=関わる人達が「充実」した日々を送ること


田島:

いろいろな経験があって、組織・人事の世界にいらしたんですね。南野さんにとっての「青春」ってなんですか?


南野さん:

結構、青春ってなんだろう?と考えたんですが……充実感、というふうに捉えています。自分がやったことがお客様の役に立っていたり、喜んでもらえたりしている実感があり、自分でよく頑張った!と思える状態が「充実感」だと思っています。


田島:

仕事も、仕事で関わる人も「充実している状態」が青春、なんですね。


南野さん:

そうですね、それが自分の成長にもつながっている気がしています。2019年、私にとって転機があったんです。福島正伸先生の講座に参加して、「世の中にはすごい企業があるから見に行こう」というツアーをしてもらったんです。


田島:

おお! アントレプレナーセンターの福島先生ですね。コンサルの大御所……!


南野さん:

そうそう。よくご存じで。 その講座の参加者と高知県の会社を3社ほど回りました。それらの会社の人達が本当に青春していたんです。社員がみんな元気で、お客さんとも仲が良くて……本当に感動したんです。


田島:

どんな会社さんと出会ったんですか?


南野さん:

特に驚いたのは、「来店した人の9割が契約して帰る不動産屋さん」ですね。


田島:

きゅ、9割? もう入ったら最後、引っ越しちゃうじゃないですか……!


南野さん:

そうなんです(笑) 全国4000人超の不動産営業マンの顧客満足度ランキングに何人もランクインしているような会社さんでした。なんでそんな事ができるのかと聞いたら、「社員を家族と思って仲良くやってるだけです!」と言われたんです。


田島:

ほ、本当にすごい……


南野さん:

こんな風にできる会社があるなら、自分も仕事を通じてそのような組織づくりを支援していきたいな、と思えました。こんな会社を作れたら、働く人も、お客様も、会社もみんなハッピーやん!って思って。それからですね。自分が関わる会社の経営者も社員も、皆が少しでも楽しくなるお手伝いができるんだったら、難しい案件でも何とかしてやってみよう、と思えるようになりました。

 

人々が仕事を楽しむと、ポジティブなサイクルが生まれる。


田島:

ちょっと踏み入った話題ですが、なんちゃんは昔、仕事をしていて病みかけたことがあったと伺っています。


南野さん:

そうなんです。凄く辛かった時代があって……。会社に行こうと電車に乗るんですが、近づくにつれて吐き気がしてきて、途中下車し、遅れていくことがしばらく続いていました。自分なりに色々対策をして、何とかその時は回復できたんですけどね。組織コンサルとしての仕事を通じて、仕事で辛い思いをしたり、最悪自殺してしまうような人を減らせたら良いな、と思っています。


田島:

確かに、今の社会ではつらいと思いながら仕事をしている人も多い、という統計も在ります。


南野さん:

そうですね。日本人の仕事に対するエンゲージメントはめちゃくちゃ低いと調査でも出ているんです。それに、長い間平均賃金も上がっていない。もっと、仕事に対する向き合い方や考え方、ちょっとしたコツを知って、上手く仕事ができたら面白いかも、って思ってもらえるようにしたいと思って仕事をしています。


田島:

私も、それは大きな社会課題だと捉えています。解決された先では、どんな社会が待っていると思いますか?


南野さん:

社員の関係性が良くなって、現場の生産性が上がって、仕事が楽しくなって、会社が儲かれば賃金も上がって。そういうポジティブなサイクルの中に入っていければいいな、と思っています。


田島:

組織コンサルであれば、ダイレクトにそれに寄与することが出来ますよね!

 

同じ想い・志がある方と一緒に働きたい


南野さん:

今、私は40歳なのですが、うちの部署(人材開発部)では最年少です。両隣の部署はそれぞれ若手がいるんですけど、管理職研修をやるとなるとそれなりの年齢が必要で・・・

ただ、後輩が居ないのが凄く寂しいので、一緒に頑張ってくれる若手を募集しています。


田島:

新経営サービスさんといえば、働きがいのある会社ランキングの常連ですよね!


南野さん:

おかげさまで中小企業部門では4年連続ランクインしています。

なかでも働きやすさと、成長実感はきっと高いと思います。


田島:

関西で組織コンサルやりたい人、ぜひなんちゃんさ……なんちゃんにお声がけを!

私も関西に遊びに行ったときにはご挨拶させて下さい!本日はありがとうございました!

 

▼南野さんからのPR

我々は企業の継続的発展・成長を支援するプロフェッショナル集団です。

中堅中小企業の経営者や幹部の皆さんと膝を突き合わせて、いかに会社を成長・発展させていくかを話し合い、実行を支援したり、研修を通じて知識やノウハウを提供したりしています。クライアントの要望に応えるために、日々自身を成長させていくことが求められますが、間違いなく充実感が味わえます。 是非、下記HPをご覧のうえ、興味を持たれた方はご応募ください。 Twitterで繋がっていただける方も募集中です。


https://www.skg.co.jp/